注目キーワード

なんかイマイチ、胸を張れない【ジンバブエ】

こんにちは。おかもと(@daichioka)です。アフリカ ジンバブエよりお届けしています。

 

明日、明後日と2日連続で大きなファンクションがあります。

と言いう訳で、土日でがっちり準備をしてきました。

 

従業員連れてった

月曜日70名、火曜日40名(だっけ?)。と一人でやるには結構な人数のため、従業員の帯同を許可してもらいました。

何かしら経験になるかもしれないし。

 

やってもらったこと

→ひたすらパン粉づけ5時間

→天ぷら用の野菜カット

→掃除、洗い物

大分助かりました。

 

一見ちゃんと包丁使えているようで、こっちの人に結構ありがちなのが

「包丁と指が離れている」ですね。

いわゆる「猫の手」の形にはなっていても全く意味をなしていない。

 

包丁と指が離れていては、当たり前ですが絶対に技術は上達しません。

親指を当てる人もたまにいますよね。これもダメです。。(僕がむか~しそうだったので)まあ、家庭料理レベルなら別に何でもいいんですけど、それ以上を目指すなら目をつぶっても出来るくらい、指と包丁の感覚を叩き込む必要があります。

包丁苦手な人にとっては最初はコワイですからね。ゆっくりと慣れさせていくしかないのですが。。。やっぱりこっちの人って「指がぶっとい」。

日本人が細かい作業が得意だというのもわかる気がします。

 

まあ~動きは結構優秀で気の利く彼女ですが、技術的にはまだまだってことですね。

 

それでもよく頑張ってくれたので、帰りにサムレビでケーキをごちそうしてきました。

僕が帰ってからまだ仕事(ライター)をしなければならなかったので、ちょっと休憩したかった、というのもありますが。

 

という訳で、かれこれ1年以上お付き合いのある会社から久しぶりに執筆のお仕事を頂きました。

これはこれで非常に大事なので、しっかりしたものを作りたいのですが。。。。しんどい・・・

 

まあ、通勤時間0分なだけマシですね。

明日、予約が入っているらしい

明日の夜、5名ほど予約が入ったみたいですね。

 

引っ越ししてからお客さんが来店するのは初めてですね。

夜は僕が不在の事の方が多いです。明日も僕はいません。

 

ちゃんと周るかどうか、正直言ってかなり心配です。

せっかく問い合わせがあってもちゃんと案内できないで逃しちゃったり、という事もなくはないみたい。

かといってせっかく継続してもらっている会食の仕事を断るなんて、(売り上げをみすみす捨てるなんて)そんなことはあり得ない。だって本来必要な頭数は十分揃っているんだから。

 

このあたりが正直悩みの種ではあります。口コミを重視している僕らにとっては、一定以上のクオリティを保つのは最低限ですからね・・・

 

明日からはロシア大使館からも注文が入る可能性があるので、ちょいとキャパがきつくなってきたかもしれませんね。。。僕が。

 

今が頑張りどころ、踏ん張りどころなんですけど、なんかそのセリフ、一年中言ってる気がしますね。

 

なんか、胸を張れない

会社を作って営業はじめて多少は期間が過ぎましたが、まあ、空き巣被害だとか、ビザの事だとか、いろいろなことがあって、僕らっていろんな人に迷惑かけているなぁ、なんて最近思うのです。

 

かけた迷惑に対してそれ以上の社会的価値を作り出せているかというと、胸を張ってそうだとは言えないんですよね。全くもって。

 

これはなかなかツライものがあります。

 

会食のお仕事だって、本業としてやる人を見つけることで、今僕をサポートしてくれる人も多分余計な仕事が減るわけだし。。。(買い物とか、送迎とか、その他)

もともとはジンバブエでは多分ぼくしか出来る人がいなくて、という事だったのでしょうけど、今となってはなんだか少し申し訳ないなぁ、という気持ちの方が大きい気がします。

 

とはいえ僕にとっては大きなチャンスであり、実際にアメリカ大使館のホームパーティーとか他の仕事にもつながっているし、出来る事なら最後まで続けたい気持ちはあります。

そこらへんがなんだかスッキリしないんですね。。。まあ、今後それ以上の価値を提供できるようになるしかない、という事なんでしょうけど。

 

もう少し素直に周りの人に頼ったり、甘えたりする精神も僕には必要なのかもしれませんね。

 

※最近食生活が乱れてきました。そりゃ、食べたいよ。ケーキとかアイスとかコーラとか。