海外(ジンバブエ)に住むこと 良い事と嫌な事

スポンサーリンク
※おことわり

ブログ移転後、過去投稿の内容と画像が一致していません。お見苦しい点があるかと思いますが、少しずつ修正していきますのでご勘弁を・・・

考察
スポンサーリンク

こんにちは。おかもと(@daichioka)です。

アフリカ ジンバブエよりお届けしています。

海外で働くことに憧れる日本人ってまだまだ一定数いると思いますが、僕も一応海外で働いている人間なので、その「憧れの対象」の条件を満たしているのかもしれません。

とは言え、アジアやヨーロッパ、USAなんかとはかなり事情が異なるアフリカのジンバブエ。ジンバブエで働くことに羨ましいと感じる人は、まあ、恐らくいないでしょうが。

という事で、今回はジンバブエに住んで、働く事のいい事、嫌な事を書いていこうと思います。

ジンバブエのいい事

まあ、過ごしやすい気候ですね。マラリアみたいなアフリカ特有の病気もありませんし。食材もそこそこ豊富に手に入りますし食に関するストレスも特にありません。自分で作れるというのもあるかもしれませんが。

少なくともハラレでちょっとお金出したフラットに住めば、普通に生活する上で不便に感じる事はあまりありません。

人も穏やか。日本人も少ないのでしがらみも(あまり)無い。

 

無駄にお金を使うことが無いのもいい事かもしれません。

見栄張ってオシャレをしたり、高価な小物や家具を買ったり、なんてことも一切無くなりました。欲しくなるようなものが無い、とも言えますが。

 

一番大きいのは人間関係のストレスが無い、という点だと思います。

まあ、厳密に言うと現地人にイライラしてばかりなのでストレスはかなりあるのですが、周りの人間がピリピリしていない。誰かに媚びへつらったり、余計な気を遣う必要もない。このあたりは日本と大きく違います。

多分僕が一番ピリピリしていると思います(笑)

通勤の満員電車だったり、上司のパワハラだったり、人々の疲れ切った表情だったり、そんな日本のストレス社会に嫌気がさして、海外に憧れる人も少なくないんじゃないかな、と思います。

このあたりは、ジンバブエで生活していて「良い事」と言えると思います。

嫌な事

まあ~嫌なことは数えきれない位あります。 9割は現地人関連ですが。

他に挙げるとすると、

やることが無い!

ですかね。仕事しろって話ですけど。

マンガ読んだり、ダンスや筋トレしたり、サムレビ行ってお茶したり、なんてことはありますが、逆に言うとそのくらいしかやることないんですよね。

やることないから、しょうがないから、勉強するか、ブログでも書くか、YouTubeでシバターでも見るか、サイヤマングレートでも見るか、みたいな感じです。

一番困るのは、一切↑↑の気分じゃない時。

「この国、マジでつまんねぇ」ってなります。

 

ってなると、確かに「どこか行きたい」って思うのも分からなくはありません。

 

仕事は大体英語だし、

普段日本語でしゃべる人はかなり限られているし、

気軽に友達と飲みに行くことも出来ませんし・・・・

まあ、電話位ならできますけど、こっちのいい感じの時間帯は日本だと深夜・・・

てな感じで、同居人とも話したくない、でもなんかしゃべりたい、愚痴りたい、なんて時もやっぱりある訳で、そんな時のお困り電話相談室は今、ベトナムにあるので僕はそこに電話しています(笑)

そんな暇もないくらい仕事が忙しくなればいいんですけどね。まだまだです。

てな感じで、気晴らしの選択肢が圧倒的に少ないのは結構イヤな事です。

後は会いたい人や家族に、気軽に会えない、と言うのもあるかもしれません。

ま、日本にいたって会わない人は会わないし、その辺は何とも言えませんがね・・・その分、その都度会える「たったの1回」が大事になるかもしれませんね。

まとめ

その他、英語で仕事をしなきゃいけないストレス、いい加減な役所のシステム、ちょっとした欲しいものが手に入らない、やかましいだけの音楽、などなど、イヤな事はたくさんあります。

「あ。俺、海外で生活している!」なんて誇らしい(?)気持ちなんて、1週間で消え去ります。

 

今は海外で働く=スゴイ、カッコイイ!なんていう時代でもありませんが、

 

正直、僕は日本で働いている人たちの方が全然スゴイと思っています。

 

僕なんてこんなレベルの低~い国で、その気になれば誰にでも出来る事をやってるだけですから。

運営会社ウェブサイト

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

テイクアウェイやケータリングサービスを行っている会社です。

イートインスペースもありますので、ハラレにお立ち寄りの際は是非ご利用ください。

http://japanese-cuisine-catering.com/
考察
スポンサーリンク
Japanese Restaurant in Zimbabwe

コメント