南部アフリカ最強のアテ 「ビルトン」について

スポンサーリンク
※おことわり

ブログ移転後、過去投稿の内容と画像が一致していません。お見苦しい点があるかと思いますが、少しずつ修正していきますのでご勘弁を・・・

スポンサーリンク

こんにちは。でぇーちさん(@daichioka)です。

アフリカ・ジンバブエよりお届けしています。

今回はジンバブエ【おすすめの商品紹介】です。

 

皆さんは「ビルトン」ってご存知でしょうか。日本ではあまり耳にすることも目にすることも無いと思います。

このビルトン、僕は南部アフリカ最強の食べ物だと思っています。

むしろ、この位しか自身を持って紹介できるものが無いのですが。取り敢えずご覧ください。

ビルトンとは??

ビルトンとは南部アフリカの干し肉のことです。

南アフリカのビルトンが有名で、欧米でもかなり人気だそうです。ナミビアのお土産としてもらったこともあるので南部アフリカ諸国なら手に入るでしょう。

ルワンダまで行くと無いようですね。

牛肉を干したものがメインですが、鶏肉などもあります。何なら、ワニとかインパラとか、アフリカならではの肉を使ったビルトンもあるそうです。

スパイシーなモノ、ハーブを使ったモノ、レモンフレーバーのモノなど様々です。

日本で干し肉というとビーフジャーキー位かと思いますが、魚の干物をはじめとした、干した食材の旨さはみなさんもご存知でしょう。

ビルトンはモノにもよりますがビーフジャーキーよりもしっとりしていて柔らかいです。ビーフジャーキーとローストビーフの中間みたいなイメージですね。

ビルトンはご想像の通り、ビールのアテにピッタリです。いや、ビールなんて無くてもいくらでも食べられます。

僕の中では和食にも負けない「最強のおつまみ&おやつ」です。

ビルトンはどこで買える?

ビルトンはジンバブエでもスーパーに行けば購入できます。

が、ここで一つ注意点。

スーパーでは多くの場合量り売りをしていて、店によってその品質が全然違います。

近くにあるSPARというスーパーではカチカチに固いビルトンしかありません。固くて噛み切れない上、カチカチになった脂身が多いんですね。口に入れると脂が溶け出して、まあ、気持ち悪いです、牛脂舐めてるのと同じですからね。

僕のおすすめは【Food Lover’s】というスーパーのビルトンです。

裕福層向けのちょっと高級なスーパーですね。地方都市には無いかも知れません。ウチの近くにも無いので、コンビに乗ってアボンデールまでいかなければ買えないのでそんなにしょっちゅうは食べられませんが。

こんな感じで種類は色々。今回は店員さんに「柔らかくて辛くないヤツ」をオーダーしたら、「コレでいいか?」と試食もさせてくれました。

100gで3.5ドル。大体このくらいの値段です。

今回選んだビルトン(写真のもの)はスライスされたタイプで、中身がキレイなピンク色。黒胡椒で味付けされてローストビーフに近い感じですね。

他に、カタマリでもっと柔らかいものもあります。

個人的には柔らかいタイプがおすすめですが、噛めば噛むほど上手くなる固いタイプが好きな人もいます。

辛いのは本当に涙が出るくらい辛い場合が多いので、苦手な人は避けた方がいいかも。

お土産には最適???

アフリカの何を食べて欲しいかと言ったら、僕が真っ先に挙げるのはビルトンです。

是非日本の方にも食べてほしいのですが、残念ながら日本に持ち込むことは出来ないようです。肉なので。

こんなにおいしいのに、なんで日本では浸透してないんでしょうね?

やっぱり生肉を干したものだから衛生的に良くない、とか、多湿な日本の気候は生産に向いていない、とかあるのかも知れません。仮にそうだとしても、テクノロジーでなんとかして欲しいですけどね。

コレはあったら絶対に売れると思いますよ。だって超美味いもの。

南部アフリカに来る機会があったら絶対に試して欲しい、おすすめの1品です。

コメント